グルコサミンは食品によい効果が変わる?

グルコサミンは食品によい効果が変わる?

グルコサミンにも種類があり、大きく動物性グルコサミンと植物性グルコサミンに分かれます。摂取する際にどちらにすればいいのかと迷うことがありますが、効果だけを見ると特に違いがないのですが、吸収率を考えると動物性の苞が吸収しやすいといわれています。

 

理由としては動物性の方が体内の成分に近いということが挙げられます。食品に関してですが、サプリメントから見てみると植物性グルコサミンのサプリメントに関してはトウモロコシから作られております。

 

ちなみにトウモロコシを発酵させて抽出していますので家でトウモロコシからグルコサミンを摂取するということはできません。

 

ちなみになめこ、納豆、山芋などにグルコサミンは含まれていますので家で食べ物から植物性グルコサミンを摂取したいのであればそれらを摂取するようにしましょう。

 

また、特徴の一つとして動物性と比べると植物性のグルコサミンには臭いや苦味などのクセが全くありません。

 

次に動物性に関してですが、サプリメントの原料として利用されるのは基本的にカニ、エビなどの甲殻類の殻から抽出されます。

 

もちろん注意点としては甲殻類アレルギーを持っている方には悪い影響が出てしまいますので摂取しないようにしてください。

 

また家庭で甲殻類の殻を食べるということは出来ませんので食べ物から動物性グルコサミンを摂取したいというのであれば、干しエビ、軟骨、手羽先、うなぎなどから摂取するようにしましょう。

 

人によって合う合わないもありますので、どちらにするかはしっかりと吟味した上で選ぶといいでしょう。