グルコサミン効果なし、その理由は?

関節痛に効果があるといわれるグルコサミンは効果がないといわれることがありますがどうしてなのでしょうか。その点について説明します。

 

まず、グルコサミンの役割について説明しますが、そもそもグルコサミンというのは関節痛を改善する上で非常に重要な働きをします。関節痛について理解すればその理由がわかるでしょう。

 

関節痛が引き起こされる原因というのは軟骨が磨り減ることによって引き起こされますが、関節というの骨と骨が擦られないようにクッションの働きがあります。ただ、老化や負担により負担がかかってしまって減少していきますが、軟骨の生成をサポートしているのがグルコサミンになります。本来、グルコサミンは体内にありますが加齢などによって減少されると関節痛が辛くなってしまいます。

 

ではどうして効果がないといわれているのかについて説明します。実はグルコサミンをサプリメントなどで摂取すると思いますが、摂取したグルコサミンというのは普通に摂取しても他のアミノ酸や糖に変換され、グルコサミンとしての効果が得られにくくなります。もちろんまたグルコサミンになることもありますが、非常に非効率的になります。

 

では、どうすればグルコサミンの効果を得ることが出来るのかというと、グルコサミンそのものを摂取するのではなく糖やアミノ酸を摂取するということが非常に重要になります。アミノ酸というのは肉や魚や豆など様々なものに含有されていますので積極的それらを摂取することでグルコサミンの効果を得ることができます。きちんと仕組みを理解していればグルコサミンが効果がないということはないでしょう。