グルコサミン サプリ 効果

グルコサミンサプリの効果はいかほど?

年齢とともに量が減るグルコサミン。定期的に摂ることで、変形性関節症や関節炎の予防、その痛みの軽減に効果があります。グルコサミンは、山芋やおくら、カニやエビの殻に含まれますが、食品には少量しか含まれていないので、グルコサミンサプリがおすすめ。改善を期待するには、1日あたり1500r以上を摂るのが理想です。

 

また、コンドロイチンと一緒に摂れば相乗効果が期待できます。当サイトでは、含有量などをもとに、おすすめのグルコサミンサプリをご紹介します。色々あるけれど、どれがよいかと迷っている方、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

大正グルコサミン コンドロイチン&コラーゲンの特徴

グルコサミン高配合のサプリです。軟骨成分グルコサミンを、1日1包(9粒)あたり1500r配合しています。相乗効果のあるコンドロイチンを440r、関節痛を緩和するコラーゲンを50r配合。古くから抗炎症薬として利用されてきたハーブ、デビルズクローをプラス。関節炎や関節痛の予防、いまある痛みの改善に。1日分が1袋になっているので、携帯にも便利。定期お届けコースは、初回限定80%OFF!グルコサミンはエビカニ由来です。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 グルコサミン1500r・コンドロイチン・コラーゲン

 

キユーピー ヒアルロン酸&グルコサミンの特徴

潤滑成分ヒアルロン酸を配合した、グルコサミンサプリです。1日めやす5粒。独自開発の高純度ヒアルロン酸200rを配合して、関節の動きをなめらかに。さらにグルコサミン600r、コンドロイチン硫酸60r配合。3つの成分をバランスよく摂ることで、スムーズな動きをサポートします。食品メーカーなので安心。定期購入なら、初回半額、さらに7日分プレゼント!グルコサミンはエビカニ由来です。

価格 3,078円
評価 評価4
備考 ヒアルロン酸・グルコサミン600r・コンドロイチン

 

やわた 国産グルコサミンの特徴

続けやすい価格のグルコサミンサプリです。良質なグルコサミンを1日めやす3粒に、750r配合。コンドロイチンは15r、潤滑成分ヒアルロン酸を3r配合しています。立つ、歩く、座るを、気にせずにいられる。小粒で飲みやすいサプリに、仕上がっています。メーカー直販だから、1日72円とお手頃な価格。続けられるか心配という方に、おすすめです。グルコサミンは紅ズワイガニ由来です。

価格 2,160円
評価 評価3
備考 グルコサミン750r・コンドロイチン・ヒアルロン酸

 

グルコサミンサプリの効果を最大限に引き出す飲み方

 

グルコサミンのサプリメントはいろんな種類のものが出ていて、大変人気のようですが、その摂取方法によって効果に違いが出るのでしょうか。

 

まず違いを生み出す一番の要因は、継続です。基本的にグルコサミンのサプリメントは毎日継続して飲むことを前提に作られているので、一回摂取するだけでは違いはほとんど見られません。しかし、継続することで必ずその違いが見られてくるはずです。

 

メーカーごとにサプリメントの飲み方や使用法の注意が異なっていて、推奨される摂取方法も違っています。たとえば毎食後だったり就寝前だったり、一日何回というのも違ってきます。これは成分が違うからそのようになっているので、我流で適当に飲むのは禁物です。

 

また、注意が必要なのはグルコサミンの含有量で、多ければいいというものではありません。というのは、グルコサミンの一日の目安が1000rから1500rとなっているので、この量をオーバーしてしまうと過剰摂取となり、かえって体調不良を引き起こす原因となってしまう場合いもあります。

 

一日に何回、どれだけの量というのは、これを一日かけて摂取することを考えていますし、より吸収しやすい量を考えて決められているものですから、むやみやたらに摂取するとこれを簡単に超えてしまう危険性があるのですね。そして、胃腸が弱い方はグルコサミンのサプリメントによって胃腸に負担がかかってしまう場合があります。

 

この場合、空腹時ではなく、食事と一緒に摂取したり食後に摂取することで胃腸への負担を軽減することができますので、もしも胃腸に不安がある方はそのようにするとよいでしょう。ただ、決してグルコサミンが有害だというわけではありません。

 

メーカーのお客様相談室やサポートダイヤルなどでは、こうした体質に不安のある方へのグルコサミンの摂取によってもアドバイスをもらえるようですので、不安のある方は連絡してみるのも、効果的なグルコサミンの摂取を考える上で良いでしょう。

 

グルコサミンサプリの選び方!

 

まずはグルコサミンサプリの種類を知ろう!

 

最近はドラッグストアでも通販でも、グルコサミンを利用したサプリメントが非常に多く販売されています。このグルコサミンのサプリメントですが、それら商品を詳しく見てみますと、おおよそ摂取方法が3種類に分かれています。

 

自分にとって、どういう形状であれば摂取しやすく、また長続きするのかというのは変わってきます。摂取方法というのは、面倒に感じる、またはライフスタイルに合わない、などがあると、どんなにいい効果があっても使用が遠のいてしまうので重要なものなのです。

 

ですから、サプリメントを選択する際には、含有されるグルコサミンと同じくらい大事なことだと言うことができるでしょう。グルコサミンは毎日の継続が大切ですので、苦しくなく、飲み忘れなく、また自分にとって負担感のない、そういうタイプのものを選ぶようにしていきましょう。グルコサミンのサプリメントの摂取タイプを見ながら、その特徴を考えます。

 

●錠剤タイプ

 

市販のグルコサミンサプリメントの多くはこのタイプ、錠剤になります。味やニオイを気にせず、水で流し込むだけですので誰でも手軽です。携帯にも便利。ただ、飲みやすくするために小さな錠剤になっているため、商品によっては一日に10粒以上飲む場合もあります。あまり飲む量が多いと、必要な量を準備したり分けるのが大変なので、次第に大雑把になる危険性があります。

 

●噛むタイプ

 

あまり知られていないタイプなのですが、噛むタイプもあります。グルコサミンは魚っぽい、くさいと思っている人が多いのですが、本来は少し甘みのある美味しい成分で、意外と美味しいというのが最大の特徴です。お水が不要なので、いつでもどこでも補給できるのが最大の長所です。

 

●ドリンクタイプ

 

また、栄養ドリンクのようになっているものもあります。吸収力に優れていて、飲めば体の中に行き渡っているのが感じられるというほど浸透率が高いそうです。ドリンクタイプの多くは、その他にもいろんな栄養成分が含まれていて、多少高価になりますが美肌などの目的を達成するのに効果的な作りになっています。

 

グルコサミンサプリは含有量が重要!

 

今、注目されている栄養素のひとつであるグルコサミンは、一日の目安摂取量が1000rから1500rに設定されています。とはいっても、この数字が多いのか少ないのかよくわかりませんよね。ただ、間違いなく言えるのは、この数字ほど普段から摂取できている人は少ないということであり、だからこそサプリメントによるグルコサミン補給の必要があるわけです。

 

ただ、普段の食事からもグルコサミンは摂取できますので、自分が何を食べたかによって、どれほどサプリメントでの補給が必要なのかは調節するべきです。

 

たとえば、ウナギ、エビ、フカヒレ、おくらなどにもグルコサミンが含まれていますし、牛、豚、そして鶏の軟骨と皮にも含まれています。グルコサミンはコラーゲンを生成するものですので、コラーゲンを含む食品には含まれていると考えると良いでしょう。

 

最もグルコサミンの含有量が多い食品として、ヤギが挙げられます。ちょっと臭いにクセがあるため、人によっては敬遠されがちですが、大丈夫な方は意識して食べると良いかもしれませんね。

 

甲殻類の甲羅にはグルコサミンが多く含まれていますが、直接は食べられませんので、普段の食生活の中では上記のような食品を覚えておくと良いでしょう。

 

サプリメントのグルコサミンは、一日を通して1000rから1500rという摂取量を満たすことを助けることが目的になっています。ですから、体にいいと思って指示されている以上に摂取することは良いこととは言えません。

 

天然成分で特別な副作用は無い物質だとは言われていますが、過剰摂取が胃腸にダメージを与えることがあるとの報告もありますし、甲殻類由来のものはアレルギーを引き起こすこともあるにはあります。ですから、必要がなければ無理にサプリメントを通してグルコサミンを摂ることはしなくて良いですし、むしろ食事から必要量が摂取できるならそれが理想的な状態だと言えます。

 

市販されている製品の中には、指示とおりに摂取すると上記の目安量を超えてしまうものもありますし、逆に500mgと足りないものもあります。あくまで、これらは目安量を摂取するためのサポートですので、主役にして摂取しようとするとかえって食事によって過剰摂取の元になってしまうので気をつけましょう。

 

グルコサミンの基礎知識

 

グルコサミンとはどんな成分か

 

健康ブームの中で、グルコサミンという言葉もよく耳にするようになりました。しかしながら、グルコサミンがどういう物質なのかについてはあまりわからないという人も多いのではないでしょうか。それではこれから、このグルコサミンとは何なのかについて説明していきたいと思います。グルコサミンを一言で言うと「アミノ糖の一種で水分保持の作用がある」ものになります。

 

グルコサミンを詳しく説明していきますと、まず、エビやカニの甲羅に含まれているということで知られていて、その中のキチン質の主成分です。この成分は甲骨類だけではなく、動物の皮膚、軟骨にも含まれています。これが人間の体内に入ると、グリコサミノグリカンの構成成分へと変化し、グルコサミンはその効果を発揮していくようになります。

 

今度は、上記で出てきたグリコサミノグリカンという物質について説明しましょう。グリコサミノグリカンは、関節や皮膚の組織を柔らかくし、そして水分を保つ作用を持っています。

 

ですが、このグリコサミノグリカンは、もともと体の中に存在している物質ではあるのですが、加齢と共に徐々に減少していくことがわかっています。そのため、体が水分を保つ機能が弱まっていくということになり、それによって身体に対する影響、特に細胞の乾燥や老化に関する影響が大きくなるといわれているのです。

 

そして、研究が進むにつれて、別の働きがあることも判明してきています。まだ研究段階とはいうものの、細胞の機能を調節するということが見えてきたそうです。この発見がどのような効果に結びつき、どのように活用されて私たちの生活をよりよいものにしていくのか、専門家たちの間では非常に期待され注目されている物質なのです。

 

グルコサミンは軟骨の生成を助ける

 

今、話題沸騰中のグルコサミンですが、どうしてこれほどに話題になり、注目を集めているのでしょうか。そして、そのグルコサミンの摂取が重要だといわれているのはどうしてでしょうか。このグルコサミンはどういう役割があるかというと、人間の体の中で軟骨を生成してくれると言われています。

 

一般的に、軟骨の成分はヒアルロン酸やコラーゲンとされていますが、もうひとつグルコサミンが原料となっていることがわかっています。

 

この軟骨というものは、食事から摂取する栄養分によって生成されますが、それだけでは軟骨へ供給される栄養が足りない場合が多いそうです。

 

特に、これは齢を重ねていく中で、コラーゲンやヒアルロン酸の生産量が衰えるようになってくるので、それが問題となって栄養不足が発生していき、結果、軟骨の生産量が年々減少していくのです。

 

おおよそ、その減少が始まるのは何と20歳ころから始まっているということがわかっていますので、かなり早い段階から対策が必要だということを示唆しています。

 

この軟骨の成分であるヒアルロン酸やコラーゲンが少なくなってくると、運動時に軟骨が磨り減ってしまうようになります。しかも、ここで言う運動というのは、スポーツなどの激しい運動だけを意味するのではなく、普段から私たちが行う、歩く、立つ、座る、などの一つ一つの動作をも含んでおり、軟骨はさまざまな場面で損傷しているのです。

 

ですから、ヒアルロン酸やコラーゲンの生産量が豊富な若いうちは、軟骨の消費と回復のバランスが取れるのですが、加齢と共にヒアルロン酸とコラーゲンの生産量が減少していくようになると、軟骨が磨り減る量に対してその回復が追いつかなくなっていくということなのです。こうした理由で、グルコサミンを摂ることで軟骨の生産を助け、体の予期せぬ不調を防ぐことが期待されているのです。